スーツを着いている人達

突然の逮捕

資料を読む

辛い交通事故の後遺障害でお悩みの方はこちらで相談してみてはいかがでしょうか。親身に相談に乗ってもらえます。

税金を1円でも節約したい人におすすめ。相続税を京都で対策するなら、お金のプロに相談できる事務所が選ばれています。

欠勤せずに済む方法

刑事事件を起こしてしまったが、まだ逮捕される前なら、さぞかし不安も大きいことでしょう。逮捕されることによって社会的地位を失うことになるかもしれません。できることなら、示談で済ませて逮捕は免れたいと考えるでしょう。 まずは刑事事件専門の弁護士に相談してください。弁護士は平日のみと思っている方もいますが、刑事事件弁護士に限っては土日祝日も相談を受け付けています。他の問題とは違い、刑事事件は早ければ早いほど解決への選択肢が広がるからです。

在宅捜査か身柄拘束か

刑事事件弁護士に逮捕前に相談したなら、弁護士はまず警察に連絡を取ります。弁護活動を逮捕前から行うことができます。反省文や意見書を警察に提出します。逃亡する恐れや証拠隠滅の恐れもないことをアピールすることで、在宅での捜査になることもあります。捜査日程は弁護士ができる限り警察と交渉して、会社を欠勤しなくて済むようにできます。在宅での捜査後、書類送検となります。もし逮捕されれば逮捕、勾留と最大で23日間も身柄を拘束されます。 又、弁護士が被害者と交渉することで、被害届を提出しないよう約束を取り付けることも可能です。 逮捕はいつ行われるかわかりません。早めに弁護士に相談することで、逮捕を回避できるかもしれません。

多重債務でお困りの経営者を助けてくれます。会社破産で弁護士に頼りたい時は、数十年の実績を誇る老舗の事務所に相談しましょう。

慰謝料問題は離婚専門の弁護士に相談しましょう!こちらの事務所は高いレベルの弁護士ばかりなのでオススメです!

解決のサポート

握手をするビジネスマン

弁護士は法律の知識や情報に非常に長けている方ですので、相談や依頼する事で速やかに解決する事ができます。交通事故が発生した場合、速やかに解決できるケースも多いのです。

交通事故のあと

メモとペン

一昔前までは、交通事故被害に遭った人が、自分自身で加害者側との交渉にあたるのが当たり前のようになっていました。しかし、現実的なことを考えると、加害者側の交渉窓口となるのは保険会社のスタッフです。

対策を図る

パソコンで仕事をする

交通事故対策として自動車保険には弁護士特約を付けましょう。弁護士特約を付けていれば、裁判になっても弁護士料を支払う必要がありません。こういったサービスを利用しましょう。